脱ガリガリ!逆ダイエット日誌 >痩せの自己分析・私のこと >自意識過剰?被害妄想?

 

自意識過剰?被害妄想? 

気にしすぎという人もいるかもしれませんが、痩せ過ぎているというコンプレックスはワタシの行動範囲を狭めてしまっています。

前ページの好きな洋服も我慢と理由としてはよく似ているのですが、体型を気にするあまりに挑戦できないことは多いです。

人前に痩せ過ぎた身体をさらけ出すことを躊躇してしまう為に、水着を着る勇気はありませんし、そうすると夏場に泳ぎに行くということも拒絶してしまいます。
海や湖ならまだマシです。
水着の上から何かを羽織っておくこともできますし、水着にはならなくても浜辺で波とたわむれるという逃げ道もあります。
でも・・・プールは無理(T-T)

モチロン、人前で裸になんてなれませんっ。
温泉旅行なんて、ひぃぃ〜って感じです。

ワタシはスーパー銭湯なんて行った記憶はありません。
キレイな銭湯がたくさんオープンしてて、結構周りには回数券を購入してリピートしてる子も多いんですけどね・・・

だって、女同士って意外と相手の身体チェックはするでしょう?
のんびりと湯船に浸かってる間なんて、次に入ってくる人をさりげなく観察してるって感じがする <少なくともワタシは見てしまいます

だから、無理!

温泉目的じゃない旅行でも、ホテルや旅館に内風呂とは別に大浴場があったら、それはまぁ入りに行きます。
だってせっかくだし(^-^)

でも、夕食の時間前はやっぱり無理。
団体客さんって必ずと言っていいほど夕食前にお風呂に行かれますよね?
そんな団体さんの中に紛れ込む勇気はワタシには無いですね・・・
のれん越しにスリッパの数をチェックして、多ければ引き返しちゃいますよ(>_<)

だから入るのはいつも遅め。
一人二人ぐらいなら、なんとか入ります。

でも、すごい挙動不審かもしれない。
びっくりするくらいのスピードで身体洗って、ささっと湯船に浸かってしまいます。
柱なんかあったら絶対にその陰に身を潜めつつ・・・

当然、湯船から上がる時も大変です。
もうひたすらに他のお客さんがみんな上がってくのを待つのみ。
下手するとのぼせる直前まで浸かってたりしますよ。
だって上がる時も視線が痛いから・・・
でも、タイミングが悪い時は諦めます。
その時もまた、すごいスピードで脱衣所にダッシュ!です。
モチロン、最低限のマナーとして身体の水滴を拭ってからですけど、このスピードも速い速い!

痩せを気にし過ぎるあまりに、せっかくの楽しみを逃しちゃってるようで、なんだか損した気分です。



次のページ