脱ガリガリ!逆ダイエット日誌 >痩せ的事情 >夏ばてしやすい

 

夏ばてしやすい

普通に生活をしているだけでも汗をかき、体力の消費の激しい季節は、万年エネルギー不足のガリガリにとって大敵です。
体内に吸収されるべき栄養分が普段からギリギリか、下手すると足りないから痩せてしまうわけで、かろうじて上手く吸収できた栄養が、生きるためでなく、暑さのために消費されてしまっては、もはや残された道は夏バテするしかありませんっ(T-T)

しかも、私の場合は、あっさり、さっぱり、さらっとな食事を好み、ちょっとした体調の変化で食欲も激減してしまうときては、この真夏時の主食は誰が何と言おうと「そうめん」です。
ちょっとバリエーションを変えてみても、ざるそば、冷うどん、冷やし中華か・・・
とにかく麺、麺、麺っ!なんですね(^-^)

夏バテしてしまうと、水っぽい食事でさらっと流し込むように食べる物しか身体が受け付けてくれなくなります。

さすがにそうめんオンリーでは炭水化物だけになってしまうので、薬味に卵やネギ、生姜等、いろいろな物を加えてみたりもするのです。
それでもやっぱりカロリーと栄養素が全然足りないっ。
消化に良いので胃には優しいのですが、成人してる人間一人が普通に生活していくにははっきり言って厳しい。

気が付けば、さらにクラクラ・・・
完全に夏バテです。

夏を前にすると毎年思うのですが、「今年も無事に秋が迎えられるんだろうか・・・」と。
いえ、笑い事じゃありませんよ、ここまでくれば死活問題なんですよっ。
痩せ体質じゃなくても、夏場は大抵の人が体重減るじゃないですか?
じゃあ、夏前にすでに限界ギリギリの体重の私はどこまで限界に挑戦するんだっ?!ってことになりませんか?

考えるだけでも恐ろしい・・・

肉がないばかりに冬場に寒さが直撃するだけでなく、夏場は痩せた身体に日差しが直撃です(T-T)



次のページ