痩せの自己分析・私のこと

貧乳だけど完全母乳でいけました

ガリガリで貧乳。それは昔から変わらずです。

奇跡的に妊娠して出産して、なんだかんだと2人児の母になれたのですが、二人の子供たちはどちらも乳児期は母乳育児でした。

二人とも、元気にすくすくと育ってくれてます。

母乳が出るか出ないかは胸の大きさは関係ないということの証明です。

普段は全く邪魔にならないくらい存在感の無いサイズ(自虐)ですが、いざという時はちゃんと機能してくれました。なんて使える胸なんだ!

妊娠して1サイズ大きくなって、出産して赤ちゃんに吸われたことで乳腺が開通して、さらに1サイズ大きくなって。それでも見た目はやっと人並みのサイズw

元から胸のある友達は授乳中にはグラビアアイドルさながらに巨大化してましたが、私の場合は元が控え目過ぎたので授乳中もそれほど邪魔にならないサイズをキープ。

でも、出るものは出てたので問題なし!

さすがに余るほどの量はありませんでしたが、乳飲み子をそれなりに大きく成長させるくらいは出てたので健診でも何も言われたことがありません。

産後すぐにも、「吸わせやすそうな良いおっぱい」と褒めてもらえたくらい。

しいて言うなら、「タンクが小さいからすぐに張るのかも」と言われたことはあるかなぁ・・・すぐにガチガチに張ってたから。一人目の時はよく乳腺炎になって熱出してしまってた。

ただ、ミルクを足してないというとたまに少し驚かれることはあったかも・・・?大きさに対する先入観って怖いですね。

母乳は血液からできるらしいですが、基本的に血管は太くてしっかりしてるので、私。献血もできるくらいだし(体重足りないから400ml全血はできないけど・・・)。

母乳は胸の大きさじゃないんですよねー。母乳が出るか出ないかなんて、産んでからじゃないと分からない。

一人目が出ても二人目も出るとは限らないみたいだし。現に私も二人目の時はなかな出なくてビクともしなくて、産後3日目くらいにやっと出たって感じでした。

逆に考えると、この大きさに対する先入観は胸の大きな人も傷つけてしまうことになるかも。見た目だけで決めつけられるのは本当につらい。